ランニングを続ける生活リズムの改善は早起きから? ランニングについてー⑰ 瑞江、篠崎エリアで肩こり、腰痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他 |  更新日:2016.03.04

江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。

瑞江、篠崎、一之江エリアで肩こり、腰痛、頭痛にお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。当院の整体、カイロプラクティックがあなたの助けになります。

こんな症状があるかたには

今回は「走って痩せたいなら、まずは体内時計を整えよう」です。

痩せるにはランニングが最適だと思っていても、なかなか走り出せない、少し走ってみたけど効果が出ず続かなかった。

思い当たる人はとりあえず早起きしましょう。

ランニングと早起きに何の関係が? と疑問に思うかもしれませんが、走るのが苦手なタイプは生活リズムが乱れていることが少なくないです。

早起きすることで乱れがちな生活習慣を正すと、代謝が高まり、ランニングで痩せやすい体質になる、という説もあります。

睡眠不足だと疲れが溜まって何もする気が起きないから、生活リズムは睡眠から整えるのが正解です。

その第一歩は早起きして朝日を浴びることです。

すると光を感知した脳の視交叉上核にある体内時計がリセットされ、一日24時間周期でメリハリをつけて活動と休息を切り替えてくれるようになり、夜早く眠れるようになります。

加えてカラダを作る細胞の一つ一つにも時計遺伝子と呼ばれる体内時計が備わります。

それら時計遺伝子を24時間周期にリセットするのは朝食です。

朝食を摂ると一日が始まったというシグナルが各細胞に届き、視交叉上核と時間遺伝子がシンクロします。

こうして早起き+朝食で一日のスタートを切ると3食が規則的に摂れるし、夜早く眠れるから睡眠不足が解消し、カラダが動かしやすくなります。

早起きが習慣化したら、朝の散歩からウォーキングを始めましょう。


肩こりや首の疲れが頭痛を起こすことは比較的知られていますが、それらがめまいの原因になることもあるとはあまり知られていないのかもしれません。

ランニングを始めてすぐめまいを起こしてしまう方、もしかすると肩こりなどの日頃の疲れが原因かもしれません。

ガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお困りの方、骨盤矯正に興味のある方、みずえ駅前整体院にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ