「簡単なトレーニングで効果抜群!」プロが教えるスロートレーニング基礎知識編 10 トレーニング成功の秘訣②-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報 |  更新日:2016.12.24

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛にお悩みの方は当院にご相談ください。

今日はクリスマスイブです、家族や親しい友人とパーティを行う方も多いと思います。

飲み過ぎや食べ過ぎに気を付けてクリスマスを楽しみましょう。

yorokobi100-625

今回はスロートレーニングの成功の秘訣の2回目です。

今回のテーマは「ゆっくりをキープすること」です。

スロートレーニングを行う際は「ノンロックスロー法」というトレーニング方法で行います。

どういった方法なのかといいますと関節や態勢を固定せず(ノンロック)ゆっくり(スロー)行うエクササイズのことです。

例えばスクワットならばゆっくりと膝を曲げ膝が曲がりきる前にゆっくりと立ち上がりはじめ、今度は膝が伸びきる前にまたゆっくりと膝を曲げ始めると言った方法です。

完全に膝を曲げる、または完全に立ち上がり膝を伸ばすといった関節や態勢のロックをさせないのがポイントです。

そうすることにより、動作中に筋肉が休むことがなくなり、一定の力を発揮し続けます。

これが軽い負荷にもかかわらず通常の筋力トレーニングと変わらない効果を得られる理由なのです。

スロートレーニングの実践に当たっての方法論は理解していただけましたでしょうか?

ここで犯しやすい間違いについても紹介します。

スロートレーニングはあくまで「トレーニング」であり、軽いといっても筋肉には負荷がかかっています。

負荷がかかり疲労した筋肉は放置すると固くなり、血流が悪くなり回復力が落ちます。

トレーニング後は必ず筋肉のケアをし、回復力を高い状態で維持しましょう。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ