[病は気からというのは本当・・・?]気になる食品・健康安全情報ー⑫ 瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報 |  更新日:2016.08.03

江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。

瑞江、篠崎、一之江エリアで肩こり、腰痛、頭痛にお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。当院の整体、カイロプラクティックがあなたの助けになります。

yorokobi100-625

■その痛み、「考え方」変え改善 検査では異常なし…でも消えない

検査ではっきりした異常はないのに、つらい痛みがいつまでも消えない。そんな人たちの「考え方のくせ」を変えることで、苦しみを和らげようという手法がある。痛みが完全には消えなくても、できることを増やして生活の質を上げることをめざしている。

■自信取り戻して緩和

千葉県の男性(63)が腰の痛みに苦しみ出したのは6年ほど前。検査で問題はなく、整形外科の医師に「もう来てもらっても仕方ありません」と言われた。

あまりに痛くて、会社を退職。ほとんど自宅で寝て過ごした。別の医師から紹介を受け、今年1月から、千葉大医学部で「認知行動療法」を受けている。

医師や臨床心理士と向き合い、まず緊張による痛みを和らげるための腹式呼吸などを習った。面談では「妻の支えなしで一人で歩く」といった目標を決め、次回までに挑戦した。事前の不安の度合いは「100点」。でも、実行できて不安は「40点」になった。

痛みはまだ残っているが、行動範囲が広がり、「自信とやる気が芽ばえてきました」。鎮痛薬を一時、やめることもできた。

長く続く痛みは「慢性疼痛(とうつう)」と呼ばれ、原因不明のことが多い。周囲にわかってもらえず、孤立することもある。国内の調査では、18歳以上の約15%が腰や肩などに6カ月以上続く痛みを抱えていた。

痛みのせいで体を動かさず気分が落ち込むと、ますます痛みを感じやすい。認知行動療法は、そんな悪循環を断つ手段だ。

たとえば、痛みで仕事がうまくできなかった場合、患者は「私はいつも痛みに苦しめられている」といった考え(認知)に陥りやすい。それを、「きのうは仕事ができた」といった別の事実に目を向け、「いつも必ず痛いわけではなく、できることはある」という考えができるようにする。

千葉大では2000年、伊豫(いよ)雅臣教授(精神医学)らが認知行動療法を始めた。現在は清水栄司教授(認知行動生理学)が中心になって取り組む。

海外での研究のまとめでは、慢性疼痛への認知行動療法は治療しない場合と比べ、痛みに伴う生活への支障や気分などの改善に「軽度から中等度の効果がある」とされている。

■運動や瞑想も効果

慢性腰痛の治療で実績のある福島県立医大も、「痛いから動けない」といった考え方を「痛くても動こう」へと変えてもらうことに力を入れる。運動は痛みを軽減しやすいからだ。

「腰痛で趣味の合唱ができない」という人には「見学だけでいいから会場へ行きましょう」とすすめる。二階堂琢也講師(整形外科)は「会場で友人と話すだけでも、生活の質を上げるきっかけになり得る」。

九州大の細井昌子講師(心療内科)によると、重い慢性疼痛の人では両親の不仲やいじめなど、つらい過去を抱えていることが少なくなく、「一般的な認知行動療法では効果が出にくいことがある」という。

そんな人たちへの治療の一つとして、細井さんらは瞑想(めいそう)の手法を骨格とした「マインドフルネス」を導入している。仰向けの状態で、つま先から頭の先まで意識を向けていく、といった内容だ。新世代の認知行動療法とも呼ばれ、効果を示す研究も出てきた。(田村建二)

■NPOが相談窓口

認知行動療法は、うつ病などには公的な医療保険が認められているが、慢性疼痛は適用外。このため、千葉大では自費のカウンセリング(30分あたり6480円)として実施している。

実施に時間がかかる一方、医療機関側の収入につながりにくく、取り組む施設はまだ少ない。細井さんは「複数の診療科が連携して痛みの治療に取り組む施設では、患者の心理的背景にも目を配っていることが多い」と話す。

NPO法人「いたみ医学研究情報センター」は、痛みに関する無料の電話相談窓口(0561・57・3000、月・水・木曜の午前9時~午後0時半と午後1時半~5時)を開設している。


ガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお困りの方、骨盤矯正に興味のある方、みずえ駅前整体院にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ