[パスタは肥満とは関係ない!]気になる食品安全情報ー②瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報 |  更新日:2016.07.08

江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。

瑞江、篠崎、一之江エリアで肩こり、腰痛、頭痛にお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。当院の整体、カイロプラクティックがあなたの助けになります。

こんな症状があるかたには

■パスタは、肥満とは関係ない!

近年、パスタは太るとされ、摂取を制限されるようになった。

伊IRCCSニューロメッド地中海神経学研究所の疫学部門は、地中海式食の基本的な食べ物であるパスタと肥満の傾向を検討した。

その結果、パスタの摂取は、肥満と腹部肥満の両方を低下することと関連があったという。

研究では、2つの大規模コホートから2万3千人を対象とした。

コホート研究は、同部門が行ったモリ・サニ研究と伊国の栄養と健康調査(INHES)である。

身体計測データと食習慣を解析することによって、パスタの摂取と体重増加とは関連がないこと、むしろその逆であったことを明らかにしたと、主執筆者であるジョージ・ポーリス氏は説明している。

パスタを摂取していた者は、ウエストヒップ比が改善し、BMIの低下と関連があったという。

多くの研究から、地中海式食が健康栄養政策の1つであることは実証されてきた。

しかし、基本的要素であるパスタの役割については、あまり研究が行われておらず、今回の研究により、パスタと肥満とのギャップが埋まったと、述べている。

研究所の分子・栄養研究室の室長であるリシア・イアコヴェッロ氏は、「体重を減らしたいときにパスタは良くないと考えられ、時には食事から完全にパスタを抜く人もいる。

しかし、今回の研究結果から、このような食行動が良くないことが明らかとなった。

地中海式食の根本には、最初に提供される適量のパスタを含む多様な食事が特徴であり、これが健康に良いことである」とまとめている。

皆様も過度な食事制限によるダイエットには注意しましょう。


ガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお困りの方、骨盤矯正に興味のある方、みずえ駅前整体院にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ